遠藤青汁

青汁の口コミ

遠藤青汁は、昭和30年に遠藤博士によって考案されたもので、日本で始めてケールを絞って作られた元祖青汁です。

青汁TOP > 遠藤青汁

遠藤青汁

遠藤青汁

遠藤青汁は、医学博士の遠藤仁郎先生が考案した、日本で始めて作られた元祖青汁というべきものです。

戦時中の食糧難の時代に栄養不足を補うため、遠藤博士は緑葉食を生かした健康法を考えるようになります。そして昭和30年、キャベツの原種であるケールを搾り、初めて青汁が作られたのです。

「青汁」という名前も、遠藤博士の奥様が名づけたもの。まさに遠藤博士がケールを絞ってつくった緑色の汁こそが元祖青汁であり、博士の指導を受けて原料の栽培から製造までそのやり方を受け継いだものだけが、遠藤青汁と呼ばれているのです。

無農薬・無添加のケールで作った、昔ながらの青汁は、シンプルだからこそ体に染み渡るようなパワーで元気を与えてくれます。

>>遠藤青汁はこちら

国産ケールの栄養

遠藤青汁の原料となるのは、キャベツの原種である国産のケールです。

ビタミンやミネラルを豊富に含んでおり、特に、鉄分はほうれん草の5倍、カルシウムは牛乳の22倍、カロテンはキャベツのなんと200倍。さらにビタミンEやカリウムなども多く含まれています。

ケールは、栄養価が高いとされている食材と比べても桁違いの栄養を含んでいるのです。野菜不足を補うには格好の野菜だといえます。

飲み方いろいろ

ケールの青汁は栄養価が高いけれどクセがあるから苦手、という方のために、遠藤青汁はお好みの飲み方で飲めるように、粉末・顆粒・粒状と、3つの形状から選んで購入できます。

粉末の場合は水や牛乳に溶かして青汁ドリンクに形で飲んでいただけます。お好みではちみつなどを少量加えると、お子さんでも飲みやすくなるのでおためしください。

顆粒は水には溶けませんので、お薬のように水で流し込むように飲みます。ケールの青汁の味が苦手な方は、粒状の遠藤青汁を選べば錠剤のように飲みやすくなるので便利です。

遠藤青汁の口コミ

 
 

(40代/女性) 

野菜不足が気になっていたので、インターネットで探して一番説明に納得できたのが遠藤青汁でした。牛乳に混ぜて毎日おいしく飲んでいます。以来、風邪を引くこともなく健康そのものです。

 
 

(50代/男性) 

野菜が嫌いで青汁も飲む自信がなかったので、とりあえず粒状から始めましたが、今では粉末を水に溶かしてゴクゴク飲めるまでになりました。やはり健康を実感できると飲む意欲がわきますね。今では毎日飲まないと落ち着きません。

 
遠藤青汁 ⇒遠藤青汁の公式サイト

ページ先頭へ戻る

Copyright (C)  青汁口コミランキング All Rights Reserved.